研究開発

近畿大学では総合大学であることを生かし、学・農の両面からそれぞれの知的財産を持ち寄り、和歌山県内で栽培される温州みかんやはっさく(特に夏に早摘みしたもの)、その他の柑橘類にすばらしい作用のある有用成分を発見し、特許出願も行っております。また、亜熱帯地域に産する柑橘類、交配による新品種の生産も計画しており、これらの研究開発は総合大学における教育育成にもおおいに寄与できると思っています。

さらに、漢方医学やアーユルヴェーダ医学に用いられる薬用資源や、亜熱帯地域で民族薬物として用いられる薬用資源からも新規機能性成分を見出しています。

今後も、社会のニーズに対応した新しい天然物素材の薬用利用の研究を進め、知的財産を拡張していきたいと考えております。

近畿大学薬学部薬用資源学研究室ホームページへ    近畿大学附属農場(湯浅農場)
研究開発
ページトップへ戻る