研究開発

近畿大学では総合大学であることを生かし、各学部や研究所などそれぞれの知的財産を持ち寄り、和歌山県内で栽培される温州みかんやはっさく(特に夏に早摘みしたもの)、その他の柑橘類にすばらしい作用を見出し特許出願も行っております。

さらに、黒しょうがなどアーユルヴェーダ医学や漢方医学、民族薬物として用いられる天然資源からもさまざまな新規機能性を見出し、今後の応用を検討しております。

これからも近畿大学との連携を深め、当社自らも研究に携わることで新規分野への挑戦を続けるとともに、独自性のある知的財産を創生し、社会に貢献してまいります。

近畿大学薬学部薬用資源学研究室ホームページへ    近畿大学附属農場(湯浅農場)
ページトップへ戻る