設立趣旨

昨今、環境汚染の進行や農薬汚染および添加物過多の加工食品の氾濫に加えて避けられないストレスなどの影響もあり、アレルギー様疾患が年々増加している状況にあります。それらの状況を真正面から見据え対応するために、近畿大学において 薬学部・農学部・生物理工学部・附属農場・東洋医学研究所が連携し、それぞれの知的財産を持ち寄るプロジェクトを開設し、その一環として「柑橘類薬用研究・開発プロジェクト」を始動させました。

研究成果である知的財産、大学技術移転権を収益の基盤として、天然物を利用した機能性食品の開発による疾病の予防と治療への積極的なサポート活動を行うために、 2004年1月21日、学校法人近畿大学理事長 世耕 弘昭先生が発起人代表となり、近畿大学発のベンチャー企業として、「株式会社ア・ファーマ近大」を設立しました。



命名:近畿大学第三代理事長 世耕弘昭先生

業務内容

当社は、近畿大学で研究された素材原料・技術を活用し、健康の維持増進・美容を目的とする研究開発・製造販売をしております。
現在、当サイトでご紹介している「青みかん」「青はっさく」「黒しょうが」を主原料とする「近大サプリ®」や天然素材の特性を利用した入浴オイル・浴用タオルを販売しております。
さらに、近畿大学で研究された素材原料を活用し、お客様のニーズにあわせたPB商品・OEM商品の企画・開発・製品化までをトータルにサポートさせていただき、「近畿大学発の商品」として各種業態の企業様に広くお取り扱いいただいております。
昨今、確かな研究機関で開発したもの、エビデンスが確立されたもの、安心・安全なものが社会から求められており、大学ブランドの商品がますます注目されています。今後も、近畿大学と連携しながら、実りある知的財産を活用し、社会のニーズに対応し、健康と幸せをお届けできるような製品開発を目指してまいります。

当社受託業務 (PB商品・OEM商品の一例)

ページトップへ戻る